これでも2ショット

うちはなかなか2ショット撮れないんだけど


DSC00470g.jpg

こんなのどうかしら?
一応 2ショット(^^ゞ


DSC00476g.jpg

ジルたん おちりがまる見え!
オンニャの子なのに~

DSC00478g.jpg






ここからルイちゃんの思い出に入ります。
スルーしてくださいな<(_ _)>

昨日はルイちゃんが旅立って3年目。
 長男 チャラ(茶トラ)
 次男 ルイ(アビ)
 三男 ラスティ
 長女 ジル 
 となっております。 ネコのみで構成。


rui.jpg

↑ これは12歳ぐらいの写真。
ルイちゃんはかわいいかわいいってずーっと言ってたけど、
やっぱり年取った顔してる。
ピチピチのラスティと比べたら、ずいぶん違うわ。

ルイちゃんは アニマルレフュージ関西(ARK)   から もらいうけました。

ということで、こちらの紹介を少し。
テレビでも取り上げられてますが、「志村動物園」とか・・・
見たことあるかも。
山のふもとにあるのですが、保護犬、保護猫がたくさん暮らしてます。
兄弟ネコは一緒の部屋だったり、
チビさんの部屋、1歳児の部屋・・・
ネコエイズの子の部屋。
たくさんの小屋が建っていて、大事に世話されてます。

ルイちゃんは おばあさんに飼われていたのですが、おばあさんの体調が悪くなって、
娘さん夫婦がARKのそばに捨てていったそうです。
あとで、気になって電話があって、そういう事情がわかったらしい。

私が行ったのがその1週間後ぐらいだったそうで。
ルイちゃんはケージに入っていて、まだみんなと一緒にはされてなかったのです。
ARKに行って、最初に見たネコがルイちゃんなんだけど、
ケージにスリスリしていて、もうこれ以上くっつけないぐらい、ケージにすりついて・・・

他の子達はそれなりにARKになじんでいたのだけど、
まだ1週間ぐらいしかたっていないルイちゃんはぜんぜんなじんでおらず・・・

アビシニアンだからもらってきたんじゃ?って思われがちだと思うんだけど、
行った時は、チャラと同じ茶トラをもらうつもりで。
そう言って見せてもらっていたんだけど。

結局、寂しがって寂しがっていた ルイちゃんをもらうことにしたのです。
実は、ケージに入っていて、上から布がかぶせてあったし、
あんまりスリスリするから、顔もよく見てなかったんですが(^^ゞ

そういう事情でうちに来たルイちゃんですが、14歳で旅立ちました。

保護猫、たくさんいます。
もしかして、もう一匹って時は、考えてみてもらえるとうれしいです。

コメント欄閉じておきます

スポンサーサイト