スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかんかった!

今日はジルの避妊手術の日!

皆さま、ご心配いただきまして、ありがとうございましたm(__)m

昨夜8時より 絶食、絶水で挑みました。



朝10時~11時に連れて来て下さいとのこと。


10時
「さ~ ジル、キャリーに入ろうね」

DSC03691d.jpg



DSC03698d.jpg

あれあれ、ラスちゃんが入ったらあかんやん
ここらへん、まだ余裕でした。

DSC03701d.jpg

ジル~ ジル~

ギャ~ 

キャリーに入れようとすると、暴れる暴れる



違うものだったら、入るんじゃないか・・・?

ハイキングのお弁当入れるボックス!

DSC03705d.jpg
ラスちゃんはいいから



かくなるうえは、ダンボールに押し込めて!

DSC03721d.jpg
ラスちゃんはいいから
   
       ●
       ●
       ●
       ●
       ●

約束の11時なんてムリって病院に電話して、なんとか12時までに来て下さい、と。

格闘すること2時間


ムリでした・・・



DSC03722d.jpg

かわいい顔で覗いてはりますが、抱っこしてキャリーのそばに来たら、
ものすごい勢いで暴れました。

ダンボールにも一応入れたんですが、蓋の間から顔を入れて
それは必死の抵抗で。

ここは、ムリにでもがんばらないとって思って
無理やり突っ込んでみましたが、突っ込めませんでした


日を改めて、次回は日曜日に、娘ちゃんと二人で挑もうと思います。

キャリーに入れる、何かいい方法があれば、教えてください<(_ _)>

先生は、前日の晩御飯の時からケージにいれたらいいと言われますが。

ケージにはやっぱりトイレやベットも入れるわけで。
そうなると、やはりあの大きいケージですよね。
それを持っていくんですかね?!
1段にすることはできますが、なかなかの大きさですが。
一番の問題は、ジルはケージに入らないことです。

餌をちょっとだけ、入れたらダメですか?って聞いたんですが
それはダメとのことでした。

う~ん なんかいい方法ないですか?!

一応、キャリーケースを出しっぱなしにして、慣れさせようと思ってます。
あと首輪もしようかなと。
大きなケージも出して、中でご飯食べる練習からしようかと。

次回は6月の末なので、いいアイデアがあったら、なんでも試してみますので、
よろしくお願いしますm(__)m


DSC03725d.jpg

ラスちゃん、疲れて爆睡!
なぜかラスちゃんがハッスルして、邪魔してたし


にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ジルちゃん
ただならぬ雰囲気を感じ取っちゃったのかしら
でもこの先何度かキャリーに入れる機会もあるでしょうから
何とかキャリーに入れるようにならなきゃだよね
うーんうーん どうしたらいいんだろう・・・

キャリー自体をソフトタイプに変えてみるとか
ジルちゃんの玩具をいっぱい入れてみるとか・・・
もう試したよね・・・(汗)

No title

あらあら。
来月に延期になっちゃったんですね〜。
キャリー入らないの?ウチは、キャリー出したらラスちゃんみたいに
たいがいすぐ入っちゃうけどな〜(笑)
レオーネなんて、悪い事したり、ご飯作るジャマするときなんかに
閉じ込められる所やのに、全然嫌じゃないみたいでね、
はいは〜い!!って言って入っちゃいますよ(笑)

キャリーを安全な自分の場所。と思わせればいいので、
やっぱり、キャリーを使って遊ぶ。とか、ご飯やオヤツを入れる。とかかな〜。
そして、ウチもいつもキャリーは出てますよ(笑)
ハードケースになってなおす所がないだけやねんけど(笑)

それにしても前の晩からケージに入れろ。とは結構キツイ事
言わはる先生ですね。。。ビックリ!!
あとは、「今日もいつもと同じ一日〜」と思わせる、
まつぼっくりさんの女優ぶりが必要かな!?
主演女優賞狙ってね〜!!

No title

おつかれさまでした。
どうしたことかねぇ。

うちはふたりとも自ら入ってくれるので
ネットで調べたけれど
暴れる子には洗濯ネットをかぶせるといいみたいだね。
よくある方法だね。
診療の時もやるって聞くもんね。

あとね、キャリーの形も
上も開くタイプがいいって書いてたよ!
入っても出てこない子もいて
手を引っ張るのは、やっちゃいけないことみたいだから。

あとはあと1ヶ月、キャリーを出しっぱなしにして
慣れさせるのがいいかなぁ?
突然入れられたら、ジルちゃんも嫌だよね、きっと。
真似っこだから
ラスちゃんが楽しそうに入ってたら入るかもしれん。
ダンボールなんかも、オモチャ入れといたり
何個も置いとくのは?

あと、こないだテレビでやってたけれど
親猫が子猫を運ぶのに
耳に近いあたりの首の部分をくわえるでしょ?
あれをやると、猫はおとなしくなるらしいよ。
大きなクリップでつまんでたよ。
外国の獣医がやってた。
大きなクリップじゃないけど
指でリルいちにやってみたらおとなしくなったよ。

あとなんかわかったら、また教えるね!

No title

珍しい動画があったので、ご紹介したい。飼っている猫が急に暴れ出した、もしくは大人しくして欲しい状況ってないだろうか。爪を切る際やシャンプーをするとき、またまたそのほか暴れて欲しくないときにこの動画の方法は有効かもしれない。

猫を大人しくさせるには実はクリップや洗濯バサミなどの挟む物が1つあれば良いそうだ。クリップや洗濯バサミをどのように使えば良いのか? それは猫の首の後ろを挟むだけで良いのだ。すると驚いたことに猫はおとなしくなってしまう。横向きにすれば寝たままになり、それ以上動かなくなる。

この状況、どこかで聞き覚えないだろうか? そうまさに「首根っこを押さえる」である。「首根っこを押さえる」は相手の弱点を急所をつかんだ際にも使われる言葉。今回のこの状況はまさにその通りだろう。
しかし猫の首にクリップや洗濯バサミを挟むのは、本当に暴れて仕方無いときだけにしてあげてほしい。ましてや首を掴んで持ち上げるのはやめ欲しい。持ち上げるのは母猫が子猫を移動させるときだけ、だそうで人間が持つのは母猫とは違うのでよくない、とのことだ。ましてや大人になった猫はやめてほしい。

猫の首に物を挟む以外にも、腹巻きの様な物を猫に巻き付けると同様に動けなくなるのはご存じだろうか。こちらはお腹に力が入らなくなるらしくヘタってしまいそのまま倒れ込んでしまうのだ。筆者は小さい頃に寒そうな猫に腹巻きをしてあげたら立てなくなった際にたまたま発見した。


この文章は、YouTubeで
「猫クリップ」で検索したとこから拾ったものです。
それ用のクリップもあるらしい。。。
見てみると参考になるかも!

ぽちさまへ

何度もつかまえるから、どんどん嫌われていってましたね(;一_一)
でも、カメラ構えると、いつもの遊びなんだって思うみたい!
カメラもったり、ジル捕まえたり、ラスちゃんどかせたり、
蹴られて流血したり・・・
ほんま大変でしたわ。

キャリーを上に蓋するタイプに変えてみようかと思ってます。
部屋でベット変わりになるタイプ。
おもちゃは入れてみたよ。
一瞬覗いたけど、押し込む暇はなかったわ

チャオママさまへ

キャリーに入らない子なんて始めてだから、私もびっくりです!
ラスちゃんみたいに、キャリー好きもめずらしいけど、
こんなに暴れるなんて、想定外。
先月病院行った時はすっと入ったから、そのつもりでいました。
そんなに、嫌だったのかしら?

キャリーを安全な場所って思わせるんですね!
そっか~
ご飯を中に入れてみるのはいいかもしれないですね。
大きいケージ出して、そこでご飯食べさせようかとは思ってましたが、
キャリーの中でもいいですね。
やってみよう!

特別なことはないのよ~ってオーラは出していたんですが、
何度もケージに入れられそうになって、だんだん嫌われてました(T_T)
難しい子やわ

koolilさまへ

なんでこんなに嫌がるんやろうね~
前に病院行った時に、嫌だったのかな~

上のあくタイプのキャリー、買ってみようかと思ってるのよ。
普通にベットとしても使えますっていうようなもの。
いつもおいてあったら、入ってくれるかもしれないし。
しかし、一時しのぎのような気もする。
今回入っても、次からまた入らないとか・・・
しつこく覚えているからね~

まずはダンボールやら、キャリーやらいろいろ置いといて、
どれかにならせておく、ぐらいかな。
ラスちゃんが喜びそうや(^^ゞ

猫クリップの動画、見てみた!
すごいね~
こんなに大人しくなるんや!
やってみるわ。
まずは手とかで。

いろいろ調べてくれて、ありがとう!

No title

ごめんなさい、出遅れた~
うちもいろいろ大変だったので、
ジルちゃんもキャリー嫌いなのね。
うちは必殺山寺作戦
ってたた袋に1度押し込んで、そのまま籠の中にあとから袋の口を開けてあげたら、自分で這い出てきます。
ブログにのってるので、見てみて~

ニノかーちゃんさまへ

ニノちゃんも大変でしたね(T_T)
思いがけないことがあるもんですわ。

山寺作戦!
すごいね~
袋に入れられた時点で、びっくりするやろね。
それでキャリーに入れられたショックを緩和する?!
最終手段やわ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。